原材料についてのご報告

今回、福島第一原発の事故により大変な放射能汚染が広がっています。

お客様より、不安のお声を頂き原材料の現在の状況をお知らせすることと致します。
また状況の変化に伴い随時更新していこうと思っています。

事故自体が収束しておらず、今後どうなっていくかもわかりませんが
いち豆腐屋として目標値を定めて努力していきたいと思っています。
専門知識もありませんので、わかっている情報だけをお知らせするように心がけます。


ご質問やご不明な点などございましたら下記までお問い合わせ下さい。


                  TEL 075-955-9167(9:00〜18:00/土曜定休)
                       MAIL info@alive-kitchen.com




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H28.3.9up

長らく更新が滞り申し訳ございません。
H26年度産の大豆まで継続して検査をして頂いており同様の結果を頂いています。
H27年度産の新大豆につきましては検査結果を待っている状況です。
26年度産の大豆がなくなり次第、新大豆にかわります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H25.2.8up

H24年産の新大豆の検査結果がでました。
年明けより滋賀県の新大豆を使い始めています。
お味噌つくりセットでお渡しするのも滋賀県の新大豆です。

●滋賀県・長浜(農工舎さん)
ヨウ素131、セシウム134、セシウム137の全てにおいて不検出。
検出限界は0.5Bq/kgです。


●石川県(金沢大地さん)
ヨウ素131、セシウム134、セシウム137の全てにおいて不検出。
検出限界は1Bq/kg以下です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H24.10.15up

「にがり」について

先よりお知らせしていましたが、事故前の在庫がなくなりましたので10月3週頃より事故後のものに変わります。
事故後のにがりについては下記にもあります通り、放射能検査において不検出(限界値0.5Bq/kg)でしたので
産地の変更はせず、「海の精」のにがりを使わせていただきます。
また、当店で使用するにがりは今回不検出の結果のでたロットのもののみとし、その在庫がなくなりましたら
あらためて再度検査をして頂くこととしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H24.06.27up

伊豆大島の「海の精」にがり(事故後のもの)の検査結果がでました。
ヨウ素131、セシウム134、セシウム137の全てにおいて不検出。
検出限界は0.5Bq/kg以下です。


にがりについて、現在は事故前のものをまだ使用していますが
今回の検査の結果、セシウムの合算値で1Bq/kg以下であることが確認できましたので
にがりの変更はせずにいこうと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H24.05.09up

滋賀県・長浜の大豆の検査結果がでました。
ヨウ素131、セシウム134、セシウム137の全てにおいて不検出。
検出限界は0.5Bq/kgです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H24.04.25up


当初の予定より早まり3月末より順次、新大豆を使用しています。(使用大豆一覧はこちら

「基準値を1Bq/kgとする」と前回書きましたが、滋賀県の大豆については1Bq/kgでの検査結果を
まだ得られてはいません。現在は検出限界10Bq/kgでの検査結果のみ頂いています。
当店としましては滋賀県は汚染地域外との認識でいますが念のため検出限界1Bq/kgでの検査も
現在お願いしているところです。

にがりに関しては現在も震災前のものを使っています。

油に関しても震災前のものを使用しています。震災後のものについては現在検査結果を待っている状態です。
原料の菜種の産地としましては熊本、福岡、青森となります。

※前回2月にupした文章の一部を訂正しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H24.02.10up


当店の豆腐、あげ類の原材料においてのヨウ素及びセシウムの基準値を1Bq/kgとし、それを上回る原材料は使用しないように
努力していきたいと考えます。

現在使用中の大豆、及びにがりは事故前のものです。

大豆は5月ごろから新大豆に変更になります。
また正確な大豆情報は大豆が出揃い次第こちらでご報告いたします。

にがりは今年の夏頃まで事故前のストックがございます。
その後につきましては、確定し次第ご報告致します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H23.05.17up

大豆
現在新大豆にかわったところですが、全て去年(震災前)収穫されたものですので
放射能の心配はありません。約1年半分ほどのストックがございます。
収穫後は乾燥、袋詰めの後、京都の定温倉庫にて保管しています。

尚、今年の使用大豆の産地、割合、栽培方法の詳細については大豆情報のページに記載しています。→こちら

にがり
「海の精」さんに問い合わせましたところ、現在出荷しているにがりは全て震災前のものとのことですので
心配ありません。しばらくは在庫があるので当面の放射能の影響はないとのことです。
在庫がなくなった際には公的機関で検査をし安全確認を徹底するとのことです。
詳しくは海の精のHPをご覧下さい。
こちら


現時点での京都の水道水において放射性物質の検出の報告はありません。

菜種油
「堀内製油」さん問い合わせましたところ、菜種も大豆と同様に去年収穫されたものを絞っているとのことですので
放射能の心配はありません。
また、当店に卸していただいている地あぶらに関しては熊本産の菜種のみを使用しているとのことです。